耐震チェックシート
HOME > 耐震診断 > 耐震チェックシート

耐震チェックシート

ご自宅の耐震度をご存知でしょうか? 一度チェックしてみることをおすすめします。当社が正会員として登録している、財団法人 日本建築防災協会サイトから、診断を行うことができます。

耐震診断を行う

耐震診断のポイント

耐震診断チェックシートの内容をまとめました。

1. 家を建てたのは昭和56年6月以降か?
昭和56年6月に建てた家は、建築基準法の改正により、耐震基準が強化されている家です。
※厳密には役所などによる確認申請を行なったのが6月以前かどうかです。
2. 過去に大きな災害に見舞われたことがあるか?
ご自宅が、床下浸水・床上浸水・火災・車の突入事故・大地震・崖上隣地の崩落などの災害に遭遇したことがある場合は要注意です。
3. 増築したことがあるか?
増築したことがある場合、既存部の適切な補修や改修、接合をきちんと行われているのかチェックしましょう。
4. 家の傷み具合
屋根の棟・軒先が波打っていないか、柱や床が傾いていないか、建具の建付けが悪くなっていないか、白アリの被害にあっていないかなどをチェックして下さい。
傷んだところを随時修復しているかどうかも重要です。
5. 建物の平面は、長方形に近い形か?
ご自宅の1階が長方形に近い形であるかをチェックしましょう。長方形に近いほど、地震に強い形であるといえます。
6. 大きな吹き抜けがあるか?
1辺の長さが4m以上の吹き抜けがありますか? 地震時に建物をゆがめる危険性があります。
7. 1階と2階の壁面が一致するか?
2階壁面の直下に1階壁面がなければ、床を通じて2階の地震力が1階の壁に流れ、大地震時には床から崩壊する危険性があります。
8. 1階の壁の配置バランスがとれているか?
東西南北、どの面にも壁はありますか? 同じ木造住宅の中でも、壁の多い部分は揺れが小さく、壁の少ない部分は揺れが大きくなります。どの方角にも、バランスよく壁があることが重要です。
9. 屋根葺材と壁の多さは?
1階に壁が多ければ、瓦など比較的重い屋根葺材を使っている場合でも、建物損壊の危険性が低くなります。重い瓦などを使用していて、1階に壁が少ない場合は建物損壊の危険性が高まりますので、注意が必要です。
10. 基礎は何で組まれているか?
ご自宅の基礎の種別を確認してみましょう。鉄筋コンクリートによる布基礎・ベタ基礎・杭基礎のような堅固な基礎は、その他の基礎と比べて丈夫です。

チェックシートの結果で、何か気になる点がありましたら、お気軽にクラフトホームまでご相談下さい。

お問い合わせ

トップへ戻る


お問い合わせはこちらから よくあるご質問 アクセスマップ 会社案内 HOME サイトマップ 木造注文住宅づくりのクラフトホーム。